不眠症|江古田 新江古田 新桜台 小竹向原の心療内科・精神科・神経内科 江古田みずのクリニック

江古田駅より徒歩1分の江古田みずのクリニック|心療内科 精神科 神経内科 物忘れ 認知症 頭痛 気分が沈む 力が入らない ふるえ しびれ 妄想 不眠・眠れない 江古田 新江古田 新桜台 小竹向原

午前:10:00~13:00、午後15:30~19:00、土曜日は9:00~12:00のみ診療|木曜日・土曜午後・日曜日・祝日は休診

電話番号:03-6914-6475

インターネット事前受付はこちら

お電話にて当日予約可能

Dr.Mizuno speaks English. 英語対応可

不眠症

不眠の患者さんは多く、日本では5人に1人が悩んでいると言われています。
質の高い睡眠が取れずにいると、だるさや眠気で日常生活に支障をきたしてしまいます。そのため、睡眠時間が短めでも目覚めが爽快で、生活に支障が出ないような睡眠を取ることが大切です。

睡眠障害は入眠障害・熟眠障害・早期覚醒・中途覚醒に分けられます

入眠障害

布団に入っても寝つきが悪く、なかなか眠れない状態です。悩み・心配事があったりストレスが加わると起こりやすくなります。

熟眠障害

眠りが浅く、十分な睡眠時間を取っていても目覚めたときに熟睡感がありません。高齢者や神経質な人に多いです。

早朝覚醒

朝早く(午前3:00~4:00頃)に目が覚めてしまい、その後は眠れなくなってしまいます。うつ病や高齢者に多く見られます。

中途覚醒

寝ている途中で何度も目が覚めてしまうタイプです。また寝つけるのですが、その後も何度も目が覚めてしまうので、十分に寝た気がしません。
入眠困難と中途覚醒、中途覚醒とその後の再入眠困難などと、複数の特徴を併せ持つケースが多いです。

睡眠障害の原因

睡眠障害は、体調不良や環境・悩みやストレス・うつ病などの精神的な病気の症状の一部などが挙げられます。寝付けないからお酒を飲んでいると、不眠の悪化に気づけなくなってしまいます。

体調不良などの身体的な原因

風邪やケガ、関節痛など体調を崩す原因が他にあり、その結果不眠になっているケースです。この場合、不眠の原因となっている病気や症状の治療を行うことで、不眠が改善されることがあります。

環境の変化や時差など物理的な原因

引っ越しや転職、より身近な部分では枕を変えた・部屋が暑い・工事の音がうるさい・部屋が明るいなど些細な日常生活の中での環境の変化や、旅行による時差ボケなどが原因となる不眠です。

ストレスなど精神的な原因

悩みやイライラ、緊張などストレスで心に負担が強くあるいは長期間かかり、眠れなくなってしまう場合があります。この状態が長く続くと、不眠が慢性化してしまいます。

うつ病などの精神疾患

うつ病などの精神疾患が原因による不眠です。精神的な病気では、不眠になることが多いです。

睡眠障害の影響

睡眠障害が続くと、日常生活を送る上で多くの支障をきたします。
具体的には下記のような影響が考えられます。

不眠症の治療方法

不眠を解決するため、日常生活を改善していく方法です。

不眠は、一過性・短期間のものであれば何とかなりますが、長期化している場合は専門医にご相談ください。従来の睡眠薬・抗不安薬の服用は、特に適切にしなければなりません。眠れるようになった後は漫然と長期連用せず、減薬調整を行っていきます。アルコールとの併用では、依存症のリスクが上がります。

問診票ダウンロード      インターネット事前受付      よくある質問

このページの先頭に戻る