適応障害|江古田 新江古田 新桜台 小竹向原の心療内科・精神科・神経内科 江古田みずのクリニック

江古田駅より徒歩1分の江古田みずのクリニック|心療内科 精神科 神経内科 物忘れ 認知症 頭痛 気分が沈む 力が入らない ふるえ しびれ 妄想 不眠・眠れない 江古田 新江古田 新桜台 小竹向原

午前:10:00~13:00、午後15:30~19:00、土曜日は9:00~12:00のみ診療|木曜日・土曜午後・日曜日・祝日は休診

電話番号:03-6914-6475

インターネット事前受付はこちら

お電話にて当日予約可能

Dr.Mizuno speaks English. 英語対応可

適応障害

適応障害とは、自分のまわりの社会環境にうまく馴染むことができず、ストレスを抱えることによって、心と身体の両方に様々な症状があらわれてくる病気です。

入学・就職・引っ越し・結婚など、身の回りの環境が変化した際にうまくいかないと、それぞれ登校拒否(不登校)、職場不適応、家庭では別居あるいは離婚などといった形で現れます。

適応障害の症状

心に現れる症状

身体に現れる症状

適応障害の原因

最近は仕事関係での付き合いが原因で症状が現れる方が多いですが、生活リズムが乱れている方なども発症の原因となります。

適応障害になりやすい人

下記のような性格の人は、適応障害になりやすいとされています。 ご自身の性格と照らし合わせてチェックしてみましょう。

適応障害の治療

まずはご自身のお悩みをできるだけお話ください。
患者様の状況を把握した上で、お一人おひとりの症状に合った治療法をご提案させていただきます。

大抵の場合はお薬を服用していただく形になりますが、場合によっては合わせて1~3か月程度の休養をおすすめすることもあります。

症状が改善されたから良いというわけではなく、あくまで社会復帰を目標としていますので、現在お勤めになっている職場や通学している学校の理解を得ることも重要です。段階的な復帰なども考慮しながら、患者様とも相談の上で社会復帰を目指していきます。

問診票ダウンロード      インターネット事前受付      よくある質問

このページの先頭に戻る